AGAとは|ハゲとの違いから判断方法まで徹底解説!

薄毛の症状のことを一般的に「ハゲ」と言いますよね。しかし、最近よく耳にする薄毛症状「AGA」とどのような違いがあるのでしょうか。AGAの具体的な症状、ハゲとの判断方法、もしAGAだと分かったらどのように対処すればいいかを徹底解説します。

AGAについて徹底解説!

AGAについて徹底解説します

急に抜け毛が増えた、生え際や頭頂部が心なしか寂しい・・・。

いよいよハゲてきたから何かお手入れするか、と考えている方。

実はそのハゲ、AGAが原因かもしれません。

ハゲもAGAも同じでは?と思う方もいるでしょうが、実は原因のメカニズムが違います。

原因が違うということは、有効なお手入れ方法も違うのです。

今回は自分の薄毛が、AGAなのかハゲなのかを判別するポイントと対処方法を解説していきます。

AGAとは?

AGAとは

AGAとは、「男性型脱毛症」と言われる脱毛症の一種です。

思春期以降の男性に発症し、薄毛で悩む男性の多くはAGAが原因だと言われています。

通常、髪の毛は生えてから抜けるまで2~6年かかり、抜けた後もまた新しい髪が生え成長していきます。

このヘアサイクルが正常であれば、薄毛になることはありません。

しかし、AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種がヘアサイクルを乱し、髪の成長を妨げてしまうのです。

生え際や頭頂部に症状が出やすく、進行性があるためそのままにしておくと薄毛症状はだんだんと目立ってきます。

AGAになる原因は遺伝的要素が大きく関係すると言われますが、生活習慣の乱れによってAGAになるケースも増えています。

AGAとハゲの違いは?同じなの?

AGAとハゲは違うのか?

多くの男性の薄毛症状は、AGAが関係しているケースが多いとご説明しました。

では、一般的にハゲといわれる症状と違いはあるのでしょうか。

AGAとハゲの違いについてご説明していきます。

そもそも一般的に言われる「ハゲ」とは

そもそも、「ハゲ」という状態に明確な定義はありません。

毛が少ない状態のことを、総じてハゲと呼称しているものです。

ハゲの原因は数多くありますが、一般的なものはザックリと下記の3つに分けられるでしょう。

  • ・10~20代の若年性脱毛症
  • ・30~50代の壮年性脱毛症
  • ・60代以降の老人性脱毛症

年代別にハゲの症状を分けるならばこの3つになりますね。

この他にも、円形脱毛症や脂漏性脱毛症など、病気が原因となる脱毛症もあります。

「ハゲ」と一言でいえばそれまでですが、その原因は人によって違うんですね。

AGAとハゲの違いは?

ハゲには大きく3つあるとご説明しましたね。

では、上記でご紹介したハゲの症状はAGAと違うものなのでしょうか?

実は、若年性脱毛症や壮年性脱毛症が起こる原因こそがAGAなのです。

老人性脱毛症の原因はAGAではないことが多いです。

老人性脱毛症は、細胞の働きが低下し髪も育たなくなってくる、いわゆる老化現象の一つです。

AGAは、年齢を問わず男性ホルモンが原因で起こる薄毛なので、原因が違うことが分かりますね。

ハゲとAGAの違いは、薄毛を進行させる原因がDHTによるものか、それ以外のものかで判別することができます。

AGAかどうか判断する方法

AGAの症状についてはご理解いただけましたか?

では、実際に自分がAGAかどうかを判断するにはどうしたらよいでしょうか。

AGAをチェックするポイント2つをご紹介します。

薄毛やハゲの箇所で判断!

薄毛の場所で判断

AGAの場合、髪が抜けやすく薄毛になる場所に特徴があります。

その症状が現れる場所というのが、生え際や頭頂部です。

生え際や頭頂部は、AGAの原因となるDHTが特に多く分泌されるためです。

この症状は、生え際か頭頂部のいずれか、もしくは両方に出るパターンがあります。

下記のチェックポイントに当てはまるものがあれば、AGAの可能性を疑いましょう。

  • ・おでこが広くなってきた
  • ・生え際や頭頂部の髪が細くなっていたり、短い毛が多い
  • ・頭頂部が薄くなった
  • ・抜け毛が多い

抜毛のスピードで判断!

抜毛の進行スピードで判断

AGAの特徴の一つに、症状の進行スピードがあります。

AGAの進行は、個人差があるものの他の脱毛症と比べると比較的緩やかです。

ある日突然ハゲる円形脱毛症などとは違い、徐々に薄毛が気になってくるというもの。

急に変化があるわけではないので気付きにくいということも…。

髪が細くなってきた、抜毛が多くなったと感じることがあれば、よく様子を観察しましょう。

AGAは放っておくと進行する!?

AGAは自然に治らず進行する?

AGAの進行スピードは緩やかですが、油断してはいけません。

AGAという脱毛症は、一度発症すれば自然に回復することはないのです。

症状は年単位で進行していくものなので気付きにくいですが、ハッキリと薄毛を自覚した頃には発症からだいぶ時間が経っていることもあります。

治療せず放っておくと症状が深刻化し、治療が間に合わないケースもありえます。

しかし、AGAは基本的には治療をすれば回復が見込める脱毛症です。

少しでも疑わしい場合には、早めの対策をしていきましょう。

AGAだと判断した後の対処法

AGAかもしれない、と気づいたら早めの対策が大切とお伝えしました。

では、具体的にどのような対処法があるのでしょうか。

AGAの対処法をご説明していきます。

育毛剤を使用する

育毛剤の使用

一番手軽な対処法は、育毛剤の使用ではないでしょうか。

医薬品ではないので治療をすることはできませんが、頭皮環境を整えAGAの進行を遅らせてくれるでしょう。

育毛剤はそもそも薄毛や抜け毛の予防効果が期待できるものです。

症状が出てから使うのではなく、遺伝要素や生活習慣で心配なことがあれば早めに使い始めるのがおすすめです。

種類が多くあるので、特におすすめの育毛剤をご紹介します。

ブブカ

頭皮への刺激が少ない育毛剤として人気なのが、ブブカです。

アルコールや余計な添加物を除き、厳選した59種類のケア成分が頭皮環境を整えます。

その中でも特に注目したいのが、和漢エキス。

AGAの原因となるDHTを作り出す酵素、「5α-リダクターゼ」の機能を抑制する和漢エキスが配合されています。

お得に購入できる定期コースも1回から解約可能で、30日間の全額返金保証のアフターフォローもあります。

AGA対策ができる、とにかく低刺激な育毛剤をお探しの方にはブブカがおすすめですよ。

ブブカ(BUBUKA)

公式サイトへ ➔

チャップアップ

育毛剤の中でも特に人気が高い商品が、チャップアップです。

人気のポイントは、とにかく育毛成分の配合種類が豊富なことではないでしょうか。

頭皮の血行を促し、健康な髪を育てるための成分が多く配合されています。

また、DHTを作る5α-リダクターゼの働きを抑えるための和漢エキスも複数配合。

抜毛を予防・対策する効果が期待できる育毛剤です。

永久返金保証というアフターサービスも用意されており、気軽に試せる育毛剤だと言えるでしょう。

チャップアップ

公式サイトへ ➔

イクオス

3ヶ月以内に効果を実感した人78%という人気育毛剤が、イクオスです。

頭皮・育毛ケア成分を、独自成分も含め61種類と豊富に配合し、抜毛予防を強力にサポートしてくれます。

ブブカやチャップアップと同じように、DHTを作り出す5α-リダクターゼをブロックする成分も5つ配合。

さらにイクオスは、DHTや5α-リダクターゼ以外の脱毛を誘発する因子にも着目し、脱毛予防成分を厳選しています。

45日間の返金保証制度も用意されているので、気になる方は試してみると良いでしょう。

発毛剤を使用する

発毛剤の使用

上記で説明した育毛剤は、あくまでもAGAの予防効果が期待できるものでした。

しかし、発毛剤は医薬品に分類されるものであるため、AGAの治療効果が期待できます。

AGAが発症し、治療を目的としている方は発毛剤を使用しましょう。

リアップシリーズ

「日本で唯一の発毛剤」のキャッチコピーでもお馴染みの、リアップです。

発毛剤であるリアップには、AGA治療への効果が認められているミノキシジルが配合されています。

上記でご紹介した育毛剤は、頭皮環境を整え健やかな髪を育てることを目的としているので、誰が使っても問題がないものです。

それに対してリアップは、壮年性脱毛症(AGA)への治療効果のみを追求した医薬品であるため、使用していい人が限られます。

また、毛母細胞へ働きかけるほど強い成分を使用しているため、副作用が起こるリスクもあります。

ハゲの進行状態によって、ミノキシジルの配合濃度が1%のものか5%のものかは選べます。

効果が高そうだから5%のもの、と安易に選ばず、自身の薄毛の症状にあったものを選びましょう。

クリニックで診てもらう

クリニックを受診

AGAの対策として一番確実、かつ効果が期待できるのがクリニックの受診です。

AGAを判別するチェックポイントもご紹介しましたが、素人目に判断は難しい場合もありますよね。

また、育毛剤などを使用しても症状がなかなか改善されないこともあるでしょう。

そんな時は、AGAの専門家にしっかり見てもらうのが一番確実な対処法です。

無料カウンセリングを行っているクリニックもあるので、いくつかご紹介します。

AGAスキンクリニック

東京都内だけで8院、全国的にも多く開院しているのがAGAスキンクリニックです。

クリニックの数や治療の豊富さから見ても、AGA専門医療機関の最大手と言えるでしょう。

AGAに対する治療方法はほとんど用意されており、オリジナルの内服薬を処方しているという特徴があります。

カウンセリングのみであれば無料で対応してくれます。

また、大手だからこその強みですが、初診料や検査代が無料になるなどのキャンペーンもたびたび用意されています。

AGAスキンクリニックについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

ヘアメディカル

発毛治療に特化したクリニックを運営しているのが、ヘアメディカルグループです。

東京ではメンズヘルスクリニック東京を運営し、他にも名古屋・大阪・福岡で専門クリニックを運営しています。

頭髪専門クリニックとしての歴史も長く、治療実績の多さが特徴です。

治療方法もこの治療実績の豊富さが強みとなっていて、600通りの中から一人ひとりにあった治療方法を提案してくれるというもの。

自分に合った治療方法で、確実な結果を得たい人にピッタリですね。

クリニックの数が多くないというデメリットがありますが、カウンセリングを無料でしてくれるので気になる方は相談してみると良いでしょう。

銀座総合美容クリニック

AGA治療クリニックランキングで、必ず上位に入るのが銀座総合美容クリニックです。

「銀クリ」のCMで、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

銀座総合美容クリニックの人気のポイントは、なんといっても良心的な価格設定にあります。

通常5万円以上はする発毛メソセラピーの施術も、1回2万円ほどで受けられます。

また、再診・診察料がかからないというのも人気のポイントです。

新橋に1院しかなく、通院しにくいというデメリットはあります。

しかし、口コミ評価も高いので、気になる人は無料カウンセリングから受けてみてはいかがでしょうか。

AGAについてまとめ

AGAのまとめ

AGAは、日本人男性の30%以上が発症しているという身近なハゲの症状です。

遺伝要素が大きいですが、3人に1人はAGAになるので親がハゲていないから大丈夫とも言い切れません。

過度なストレスや、不規則な生活などの影響で、誰しも発症する可能性があるものなのです。

しかし、悲観することはありません。

薄毛に悩む声が増えるとともに、治療ができる専門クリニックも増えてきています。

AGAは治療ができるハゲですので、少しでも気になることがあれば早めに対策し改善していきましょう!